築が古くなったアパートやマンション、誰も住まなくなった戸建て、使い道のない土地など、

手放そうか悩んでる方もいらっしゃると思います。

ただし、「安売りしてまで手放したくはない!」

今回はそんな方に、不動産売買のプロが高く売る方法をお伝えします。

 

・業者の選び方

 

・相場を知る

 

・決断は早く

 

この3点に絞ってお伝えします。

 

業者の選び方

不動産売却を考えると一番に考えるのが業者選びです。

いろんな業者がいろんな広告を使っていて何がいいのやらさっぱり。。。

という方も多いと思います。

今回は高値売却する事を前提にお話しします。

まず、下記のような業者は価格が出にくい傾向にあります。

買取業者

    買取業者に関しては分かりやすいと思いますが、不動産業者の場合、基本的には再販します。

    つまり、安く買い取らなければ再販時に利益を出しづらいからです。

    これは、当然のことですね。

買取保証がサービスとしてある業者

    この業者は売主さんの希望額で売れなかった場合、保証額で買い取りますといった業者です。

    もちろん保証額は相場より低い場合がほとんどです。

    これも考えればわかりますが、業者が一番嬉しいのは、買主が見つからず、業者が安く買い取れることです。

    なので買主を真剣に探してくれる業者は少ない可能性が高いです。

インターネットに疎い業者

    今は、賃貸物件は特に顕著ですが、物件探しの際、ほとんどの方がインターネットで探されます。

    売買物件だって同じです。インターネットを使わない、もしくは使えないということは、

    それだけあなたの物件を見てくれる人が少ないということです。

    それだけではなく、今は私たち業者もインターネットで情報収集することが当たり前です。

    現在の相場や、銀行の金利や融資の動き、新駅の開発情報などの都市開発情報なども全て価格に影響します。

    以上の理由から、インターネットに疎い業者は高値売却には不向きです。

地域密着型業者

    この業者に関しては、偏見もあるとは思いますが、

    地域密着型の業者の場合、その地域で借りたり、買ったりという情報はたくさんあると思います。

    しかし、収益物件の売却となると買主さんはその地域だけでなく、全国または世界が対象になってきます。

    また、地域密着型業者の場合、賃貸管理業務も行っている場合が多く。

    売買の営業活動に時間を取り辛い業者も多いです。

高く売ってくれる業者は?

では高く売ってくれる業者はどんな業者なのか。 についてお話します。

これはずばり仲介専門業者です。

仲介専門業者とは、自社で物件を買うのではなく、買主を探してくれる業者のことです。

なぜ、仲介専門業者が高く売ってっくれるのかというと、

それは、売主と同じ気持ちだからです

仲介業者を買主を見つけてきた報酬に仲介手数料をもらいます。

この仲介手数料の上限は売却額の約3%です。

つまり、売却額が高ければ高いほど報酬も増えるわけです。

また、仲介専門業者は高く売れなければ売主は納得しないので

高く買ってくれる買主を見つける為に日ごろから、ネットワークを作っています。

これは弊社もそうですが、

買主をだまして買わせるわけではなく、不動産の知識はもちろんのこと、

税務や法律のことまで知識を深め、売主・買主どちらにもメリットをもたらせるように考えています。

 

次回は不動産の「相場を知る」についてお話します。